どもり始めたきっかけ

どもり始めたきっかけ

僕が【どもり】始めたキッカケは恐らく小学校高学年の頃だと思います。聞いたサイトはこちら⇒どもり 原因クリックしてください
それまでは、一般的に話す中でどもるといった事はなかったのですが、一つのきっかけでどもるようになりました。よく遊んでいた友A人がけっこうどもる癖がありましたので、まわりの友人でよく茶化すようにAの物まねとしてどもりをよくしていました。それが癖づいたのだと思いますが、普段会話をしていても最初の言葉がなかなか出なかったり、言葉が詰まるようになりました。どもりは精神的な面においてストレス等を感じると出やすくなると言われています。僕自身も元々人前で話す事に緊張したりストレスを感じやすい性分ですのでどもり易いタイプではあったのだとは思いますが。どもりを意識するようになってからは会話の時はすごく気を使って、敢えてゆっくり話してどもらないように工夫したり頭の中で一旦会話のシミュレーションをしてから話の輪に入ったりしていくうちに随分緩和はされました。ただ、あれから20年近く経った今でも時々どもりは出ますね。気になった方はどもり 原因で!