全ての栄養を摂取すれば良いものではない

高分子と低分子のヒアルロン酸の違い

ヒアルロン酸は分子が大きいため浸透力が悪いです。浸透力を高めるために低分子化したヒアルロン酸を使用した化粧品が多くあります。浸透力がよい方が化粧品の効果が発揮される、低分子の方が優れているというイメージがありませんか。しかし、高分子が悪い、低分子の方がよいというものではありません。
高分子のヒアルロン酸は肌に浸透しにくいため表面にとどまります。水分の蒸発速度が遅く、長時間潤いが持続します。しっとりした使い心地です。まずはここからヒアルロン酸 沖縄で調べてみましょう。

 

 

低分子のヒアルロン酸は肌に浸透して内側を潤します。水分の蒸発速度が速いため、高分子に比べると潤いの持続時間が短いです。さらっとした使い心地です。
気になる方は名古屋 ヒアルロン酸をクリック!
肌の乾燥がひどいときやしっとりした使い心地が好きなら高分子のヒアルロン酸でしっとり長時間潤いを持続させる、べたつきが気になる夏場やサラッとした使い心地が好きなら低分子のヒアルロン酸を使用するとよいです。
好みの使用感や肌の状態、季節によって使い分けましょう。